隣の家が火災をおこし、自宅の壁の一部が類焼しました。損害を隣家に請求できますか。 - 火災保険の保険金請求 - 保険相談 見直し.jp - 福岡 (太宰府・大野城・春日・筑紫野・博多)

HOME > 目的別保険相談 > 隣の家が火災をおこし、自宅の壁の一部が類焼しました。損害を隣家に請求できますか。

火災保険の保険金請求

隣の家が火災をおこし、自宅の壁の一部が類焼しました。損害を隣家に請求できますか。

2014年09月03日

【ご相談事例】

隣の家が火災をおこし、自宅の壁の一部が類焼しました。
損害を隣家に請求できますか。

【ご回答】

過失によって他人に損害を与えた場合には、民法709条の「不法行為責任」の規定により、損害賠償責任を負うこととなります。

しかし、火災については民法の特別法「失火の責任に関する法律」により、「故意」や「重大な過失」があった場合を除いて、民法の「不法行為責任」が適用されません。

つまり、質問のように、隣の家の火災によって自宅が燃えた場合でも、隣のお宅に損害を請求できません。

ただし、「故意」や「重大な過失」によって隣家が火災を起こした場合には、損害を請求できます。

「重大な過失」に該当するかは具体的に判断しなくてはなりませんが、
・台所で天ぷら油の入った鍋を加熱中、その場を離れて出火させた
・たばこの吸殻が消えたことを確認せず、その吸殻をごみ袋に入れて放置して出火させた
などのケースが該当すると思われます。

仮に、隣家の火災の原因が故意や重大な過失によるものであり、自宅の損害を隣家に請求できたとしても、経済的に余裕がなければ、賠償を受けることができません。

こうした不安を解消するためにも、火災保険へ加入しておきましょう。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

火災保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
太陽光発電システム 出力制御保障共済 出力制御プロテクト
がん予防メディカルクラブ「まも~る」
グッドパースン保険相談所
メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

常務取締役 河野 将侑

運営会社情報

有限会社 グッドパースン
有限会社 グッドパースン

営業時間/
月~金曜 10:00~17:30

〒818-0131
福岡県太宰府市水城2丁目
5-25-2F

TEL/ 092-920-1039
FAX/ 092-920-1038

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

2008年度・2009年度
専業代理店年間優績表彰制度
最優績代理店認定

全国保険相談ネットワーク